世界は満足できない人間のものだ――オスカー・ワイルド

Topics

表示されていなかった画像があったのを修正

iframeで拡大表示する画像が表示されていなかったのを修正しました。(2021-07-30)

業務マニュアルの効果、導入から改訂までのライフサイクル全般を解説

工藤正彦
小さな会社の<人と組織を育てる>業務マニュアルのつくり方

マニュアル作成手順そのものも含まれているものの、全体的にはマニュアルの必要性や活用・改訂を含めたライフサイクル全体を解説し、その重要性を経営層に訴える本となっている。

そのためマ

読んだ : 国内 2022-02-14 new

不動産業界の不透明性を担当者が得るリベートなどから解説

大友健右
不動産屋は笑顔のウラで何を考えているのか ?

不動産業界特有の暗黙の慣行を解説した本。但し、後半1/3くらいは自社サイトなどの宣伝なので読まなくてもよいと思う。

本書では顧客と業者の間の情報格差を最大の問題として捉え、ネット

読んだ : 国内 2022-02-13 new

ゲド戦記とその世界観を補う書

ル=グウィン
ゲド戦記外伝

ゲド戦記の理解を助けるための補遺的な中短編5つと世界観についての解説を加えた文字通りの外伝である。原書は5巻よりも先に刊行されているようなので、本編が全4巻だとすると、周辺を彩る物語も多いことになり、逆にゲド戦記の世界の

読んだ : 国外 2022-02-01 new

自動的に収入を得るための「仕組み」の解説本

荒濵一、高橋学
結局「仕組み」を作った人が勝っている
どうやって作り、どうやって動かす ?

仕事の「仕組み」についての本かと思って買ったらそうではなく、自動的に収入を得るための「仕組み」についての本だった。

要はIT関係や大家などについて事例を紹介しているが、手っ取り早

読んだ : 国内 2022-01-25 new

下手な人生本よりも含蓄があります

羽生善治
決断力

トップ棋士としての著者の紹介は今更不要だと思うが、そういう人が何に重点を置いて考えているか、どういうことを心掛けているか、などがエッセイ風に述べられている。

文章も読みやすく、将

読んだ : 国内 2022-01-18 new

遊びをアゴン:競争、アレア:運、ミミクリ:模倣、イリンクス:眩暈で類型化したカイヨワの主著

ロジェ・カイヨワ
遊びと人間

カイヨワの主著であり、本書の中でも触れられている通り、ホイジンガの『ホモ・ルーデンス』を下敷きとしつつ、それを肯定的、批判的の両面から継承し、人間にとっての「遊び」の類型化(アゴン:競争、アレア:運、ミミクリ:模倣、イリ

読んだ : 国外 2022-01-11 new

いきなり終わってしまった

弐瓶勉
人形の国 全9巻

『BLAME』に似た感じの作品かと思って読み始め(実際のニュアンスは違うものの)単行本も買っていたのだが、いきなり最終巻でむりやり終わらせたような終わり方になっている。

回収され

読んだ : 国内 2022-01-06 new

著名なSQLの入門書

ミック
SQL 第2版

SQLの入門書で評価が高かったので読んでみたが少しいまいちだった。個人的にはもう少し突っ込んだ内容が欲しかった。どうせほぼMySQLしか使わないのだから、オライリーの『初めてのSQL』を読むべきだったか...

読んだ : 国内 2021-12-18 new

Jw_cadの基本を逆引き形式で解説した本

Obra Club
Jw_cad8逆引きハンドブック

Jw_cadの機能を逆引き形式でまとめた本。しかし、どちらかというと初心者向けであり、高度な機能については簡単に触れる程度である。そのため、個人的には新たな発見もありためになったものの、少々不満であった。

読んだ : 国内 2021-10-25 new

FireDACに特化した解説書。類書がないので読みましょう

Cary Jensen
Delphi in Depth: FireDAC

FireDACの解説書で同じ著者からは以前にClientDataSet版も出ている。実質的にFireDACの解説書としては唯一の存在であり、内容も概要からユーザ定義フィールドや永続化だけでなく、TFDMemTable、A

読んだ : 国外 2021-10-01 new