行動につながる思考には価値がある。行動の代わりの思考は障害となる――ビル・レイダー

Topics

表示されていなかった画像があったのを修正

iframeで拡大表示する画像が表示されていなかったのを修正しました。(2021-07-30)

住まいづくりの要点をうまくまとめた本

住まい方を考える設計者の会
快適で住みやすい「家のしくみ」図鑑
5人の建築家が考える「住宅設計」のきほん

他書とかぶる内容が多くそれほど新しい発見はない感じだったが、内容が各居室ごと、及び家に関わる重要な要素(防犯 etc)とに分けられているのは分かりやすいと思った。

他の勉強ごとで

読んだ : 国内 2022-11-08 new

小さな家を心地よくするためのポイントに絞った解説本で良書

若原 一貴
小さな家を建てる。
豊かな住まいをつくる60のヒント

狭小住宅を多く手掛けている設計士による心地よく質の良い小さな家を建てるためのポイントをまとめた本。割と要領よくまとまっているので、こういう家を建てたい人にとっては十分得るところのある本だと思う。むろん設計士によるタイプの

読んだ : 国内 2022-10-31 new

家づくりで迷うことがあったときの副読本

大島 健二
家づくり解剖図鑑
イラストだからわかる快適な暮らしの仕組み

副題にある「暮らしの仕組み」というよりは方向性の指針というか紹介されている項目に対する要所やアイデア的な要素の強い本。そのため家づくりの方向性に迷ったポイントがあったときに必要な箇所を参照するのが適切ではないかと思う。あ

読んだ : 国内 2022-10-21 new

小住宅に特化した間取りの本

本間 至
小さな家の間取り解剖図鑑
コンパクトとにつくり豊かに暮らす住まいの仕組み

小住宅に特化した間取りの本で割りと期待して読んだが、実際に読んでみると類書とそれほど大きく異なるわけではない感じがした。

むしろ、メリハリや優先順位がより重要になるのではないかと

読んだ : 国内 2022-10-13 new

事例紹介が豊富です

飯塚ほか
センスを磨く 住宅ファサードのルール

書名の通り住宅のファサードに的を絞った本で事例が写真とともに多く紹介されているのが良いと思う。ぱらぱらと通して見るだけでも参考になるものがあれば元は取れるのではなかろうか。

玄関

読んだ : 国内 2022-10-04 new

今どきの平屋の入門書

赤座・伊原、風祭、桑原、佐藤、渋谷、堤、西下、長谷川、松原、向山
すごい平屋

平屋ならではの場合における納まりや、それぞれのポイントごとのメリット・デメリットなどを解説した本。全般的に平屋を建てたいと漠然に考えている施主向けの本なので、突っ込んだ解説などがあるわけではない。そのため個人的には物足り

読んだ : 国内 2022-09-07 new

間取りの入門書として分かりやすい

飯塚 豊
間取りの方程式
心地よい住まいを組み立てる技術

著者の間取り手法を説明したものだが、学生にも向けて書かれているので分かりやすい。

もっとも建築はこれが正解というものはなく、住まい手と設計士によっては全く異なる結果になることもよ

読んだ : 国内 2022-08-30 new

収納をどういう観点に基づいて考えるべきかがよく分かる

鈴木 信弘
片付けの解剖図鑑
心地より住まいをつくりだす仕組み

『住まいの解剖図鑑』の続編となる本で、こちらもよくまとまっている。割とそれまで片付けという観点から家づくりを考えたことがなかったので、良い勉強になった。

収納をいかに作るかという

読んだ : 国内 2022-08-23 new

ベストセラーにもなった本だがよくまとまっている

増田 奏
住まいの解剖図鑑
心地よい住宅を設計する仕組み

ベストセラーにもなった本であり、エクスナレッジからは似たような本が後からたくさん出て私もある程度読んだけれども、読み返してみるとやはりこの本はよくまとまっていると思う。設計士や業界人のみならずこれから家を建てたいという人

読んだ : 国内 2022-08-16 new

個人的には『大ダーク』かな。でも『ギョー意 !』

林田球
ドロヘドロ 全23巻

『大ダーク』を拾い読みしたらおもしろかったので同じ著者の旧作を読んでみた。というより正直にいうと以前にちょっとだけ読みかけて止まっていた。

内容は『BLAME !』をさらに複雑に

読んだ : 国内 2022-08-05 new